Make your own free website on Tripod.com

前のページに戻る | トップページに戻る
Last Modified: Tuesday, 26-Nov-2013 00:41:35 EST

東京裁判のページ 匿名で寄せられた情報

以下はメール等で寄せられたものである

全て原文侭

(no subject)
Thu, 09 May 2013 16:05:05

私と全く同じ人がいるなんて!驚きましたがこれからも世直し頑張ってください、お身体大事にして。

(no subject)
Thu, 6 Dec 2012 22:14:09

頑張って!ください。マナーは大事ですよね。私も子供がいてきちんと教えています!バスの中でのヘッドフォン大きな声での電話あと最悪なのが座れる場所に煮物をおく学生お年寄りに譲りなさいと言うと知らない顔されたりあいつうざいといわれる始末。少しずつ頑張ります!貴方様を見習って寒くなりますがお身体に気をつけてこれからの人々の手本になってください。〓

安全
Mon, 28 May 2007 23:52:17

毎日の運転で、毎日のように異常な運転をする車に遭遇する。強引で非常に危険な割り込み運転。車間距離を異常に縮めたあおり運転。その他に幅寄せなど、あの手この手の恐ろしい運転が目立つ。携帯電話を使用しながらの車にも遭遇しない日は無い。トラックも危険だが、何よりもいかにも暴走行為をしますというようなその目的のような車が危険だ。とにかく安全運転などまったくする気がない連中がいる。暴力団なのか暴走族なのか自衛隊員か公務員かよくわからないが、とにかく危険だ。けっしてまともな運転はしない。必要もないのにやたらに進路変更をし、右折でも左折でも、方向指示をしない。ときには周囲の車が急ブレーキをしなければならないようなことも平気でやる。しかも故意にやるのだ。警察に通報しても、被害妄想だの、心の病だのと言う。とにかく取締りをする気がない。取締りが無いので、さらにひどい状態となる。危険なのは、その種の専門の異常者ばかりでなく、普通の一般人までそれに巻き込まれるということだ。故意にぶつかって多額の金を要求する昔ながらの当たり屋行為も増えている。今の警察は本当に役に立たない。そして日本社会全体の治安が悪化している。全体的にモラルが低下しており、規範意識がなくなっている。悪いことをするのがかっこいいとか、それが普通だというような風潮になってきている。交通安全をいくら呼びかけようが、どんなにポスターを張り巡らし、旗を立てまくろうが、取締りをしないのなら意味が無い。だが、今の現状は、あまりにも違反行為が多すぎて、とても対処できない。ありとあらゆる恐ろしい違反行為が平然と行われており、取り締まりはないし、通報すると逆に怒られる。つまり違反行為をすることが普通であり、安全運転をする者は異常だということになってしまった。法定速度を守ると、クラクションを鳴らされたり、威嚇され、あおられる、それだけでなく強引に追い越されたり、危険な割り込みが多くなる。車間距離を保てといわれるが、そうすると、同じく強引な割り込みが急増し、逆に危険だ。全体的に法を守る気運が無い状態の中では、法を守ることがかえって危険なのである。すでに今の車社会は限界にきていると思う。車での移動はあらゆる公害を撒き散らすし、事故にも巻き込まれやすい。安全運転をする者が、肩身の狭い思いをし、無謀運転をする者は得意げである。これで事故が発生しないわけが無い。進歩した未来社会では、今のような原始的で危険な乗り物は消え、別の移動方法が確立されているだろう。それに公害問題や、燃料問題でどちらにしても、車社会は終焉を迎えるだろう。

無謀運転
Mon, 23 Apr 2007 00:00:20

私の住んでいる家の前は以前は静かなところだった。道路が狭かったので交通量が少なかったのだ。だが、道路工事が開始され、道幅も広くなったために、ものすごい交通量になってしまった。以前はトラックなどはほとんど通行しなかったのに、今では非常に多い。何よりも無謀運転の車が激増した。暴走族も毎晩のようにやってくる。もちろん警察に通報したこともあるが、まったく効果がない。信号がないために、いつ事故が起きてもおかしくない。無謀運転をするドライバーは、自分の運転が普通だと思っている。いかに危険で迷惑がわかっていない。こういう連中は、何度処罰を受けても気にしない。もっときちんと取締りをするべきだし、制限するべきだ。故意にやる無謀運転や飲酒運転、暴走行為は、特に厳重に取り締まるべきだ。あおり運転や、幅寄せ、威嚇運転も違法行為だ。こういう連中は、毎日そういうことを繰り返している。もっと住民は110番通報をするべきだ。ほとんどの人は、関わり合いを持たないようにするために、見て見ぬふりをする。それが一番賢明な対応だと信じている。だがそれは間違いだ。そんなことをしても何も変わらない。警察は、住民からの通報があってもまともに対応はしないが、何も通報がないとさらに何もしない。通報をしても何も変わらないと思い込んでいる人が多い。確かに一度や二度の通報では何も変わらないだろう。しかし、ある程度の数の住民が、きちんと行動を起こせば、必ず変わるものだ。日常的に危険な状態を放置しておいて、実際に自分に何かが起きたときに騒いでも遅い。無謀運転をする者には運転をさせてはならない。自分が住んでいる地域の治安は、自分達で守らねばならない。そういうことは役所は何もしない。まずは住民の意識の変革が必要だ。それから自分の家族や、友人知人、知り合いにそういう無謀運転やあおり運転、危険行為をする者がいたら、きちんと注意しなければならない。遅かれ早かれ必ず事故を起こすし、事故を起こさなくても、毎日他人に恐怖を撒き散らしている。歩行者や自転車の者は、何も対抗できないかのように見えるが、そういう危険行為をするドライバーの顔をしっかりと記憶している。また車もよく見ている。商売をしている者は、客の信用を失うし、会社員なら会社内部の信頼を失う。もしかしたらあおり運転をした車が、上司かもしれない。危険な運転で恐怖を与えた歩行者がお得意さんの常連客かもしれない。それどころか、自分の親戚や友人までも事故に巻き込むかもしれない。深夜の暴走行為にしても、誰にも知られないだろうと思うかもしれないが、そういう悪事は必ず発覚する。そして思いもよらないときにその影響を受ける。自分が運転する道路の周辺の家は、自分の住んでいる家だと思った方が良い。

脅す女
Tue, 27 Mar 2007 20:46:22

2007年3月27日、火曜日午後7時10分頃、三重県鈴鹿市鈴鹿警察署がある国道23号線沿いのすぐ北東付近のT字型道路において、恐ろしい体験をした。信号待ちのため車を停車させていたところ、後方からクラクションを鳴らす車がいるのに気がついた。まさか自分のことではないだろうと思っていた。すると突然運転席側の右窓ガラスを叩きながら、何かをわめき散らす者がいることに気がついた。それは白い服を着た女だった。外は少し雨が降っていた。クラクションは一度だけでなく何度も鳴らしてきた。そしてその女は、窓を叩き、ドアを蹴りながら、外に出てくるように脅してきた。私は外に出なかった。するとその女はますます怒り、わめき散らしながらずっと窓ガラスを叩き続けた。信号が青に変わったので、私は車を発進させ、右折した。するとその車も右折し、しばらく後ろをついてきたので、110番通報した。すると直ぐ近くの鈴鹿警察署に申し出るようにと言われた。それで鈴鹿警察署で事情を説明したが、ドア付近も窓ガラスも損傷が発見されず、被害届けは受理されなかった。その女は30代ぐらいで髪はやや長く、少し太っていた。背はそれほど高くはない。男ならそういうことをするかもしれないが、女がそういうことをするとは驚きだ。しかもいまだに何を怒っていたのかわからない。私はその女とは何の面識もなく、名前も知らない。だが顔は覚えたので、再び嫌がらせをしてきたらすぐに警察に通報するつもりだ。他人の車のドアや窓ガラスを蹴ったり叩いたりするということは普通では考えられないようなことだ。しかもこの場所は、鈴鹿警察署のすぐ近くだ。いかにこの周辺の治安が悪いかわかるだろう。こういうことが放置されているのだ。だが実際問題として、窓ガラスを割られたわけではないし、ドアがへこんだということもないので、被害として認められないのは仕方がない。しかしこういうことが何度も繰り返されるとたまったものではない。車の運転にしても、異常な車が多い。信号無視も目立つし、一旦停止もしない。方向指示もせずに右折や左折をする車が多い。危険な割り込み運転や、スピード違反も多い。特に強引な割り込みが多い。必要もないのに追い越しをしたり、やたらに針路変更をするくまが目立つ。それも方向指示をしなかったり、一瞬だけ方向指示をする車がいる。深夜の暴走族はいつも徘徊している。すべてを警察に取り締まれと言うのは無理だとは思うが、やはり何とかするべきだ。もちろん安全運転をしている車の方が多いのだが、一部でもこういう無謀運転をする者がいれば、たちまち大混乱となる。それにそういう運転をする者は、毎日そういうことを繰り返しているのだ。そのためにどれだけ多くの人が被害を受けているだろうか?そのわめき散らす女が何を怒っていたのかわからないが、後方から接近しておいて、クラクションを鳴らし、ドアを蹴り、窓ガラスを叩き、脅しておいて、まさか警察に通報しないことを期待していたはずがない。飲酒運転か、麻薬中毒かよくわからないが、こういう異常者もいるということを警戒しなければならない。こんなことでは安心して生活できない。

運転
Sun, 18 Mar 2007 00:46:13

2007年3月17日、12時頃、23号線から津市労働基準監督署に向かう道路で、危険な割り込み運転をする車に遭遇した。まったく余裕がない状態で、方向指示もせずに後方から猛スピードで接近し、強引に割り込んで横切り、その後急ブレーキをかける。この周辺ではそのような車が非常に多い。警察はいつものように何もしない。この津市には暴力団組織があり、右翼団体組織や自衛隊関係者やその他いろいろな危険な集団がある。また凶悪犯罪も多発しており、殺人事件も過去に起きている。ここもまた非常に危険なところだ。警察は何もしない。完全にお手上げ状態であり、すべてなるがままに放置されているという状態だ。未成年犯罪も多い。この周辺もまた完全な無法地帯である。最近、こういう無法地帯が日本全国各地に急増している。都会だけでなく田舎でも以前はなかったような犯罪が多発している。もはや日本は決して安全な国ではない。割り込み運転や無謀運転をするのは建設関係車両が多いが、それだけでなく普通の会社員や公務員でも危険運転を平気でやる。未成年の無免許運転もある。飲酒運転も消えたわけではない。外国人が危険視されているが、それよりも日本人の犯罪が多い。格差社会の定着化と貧富の格差の蔓延により怒りと狂気が蓄積されている。危険運転車両については、通報しても対応ができないのが現状だ。あくまでも事故が発生しないと対応できない。だが、無謀運転をする者は、常にぎりぎりの危険運転を毎日やっており、その存在による被害は計り知れない。きちんとした対応が必要だ。

運転
Sat, 3 Mar 2007 21:01:13

非常に危険で無謀な運転をする車に遭遇することがある。そういう車を通報することもあるが、いつもそういう対応はできない。車の運転は、他の車の運転手や、歩行者などとの関係を無視することはできない。無謀な運転をいつもしている者は、それが普通だと思い込みやすい。そしてそういう運転がかっこいいと錯覚しているし、自分は運転が上手だと思っている。だが、実際にはそれは運転が下手なのだ。今まで事故を免れてきたのは運転が上手だからではない。他のドライバーや歩行者が、危険を回避するために避けてくれていたからだ。あるいは危険運転をする車から被害を受けないために、通り過ぎるのを待っていてくれるからだ。それは常に周囲を脅し、危険を振りまく自分勝手な運転だ。そういう運転手は、消えてほしいと誰もが思う。つまり無謀運転をする車というのはけっして周囲から受け入れられているわけでも、歓迎されているわけでもなく、ただひたすらに有害なだけだ。しかし、無謀運転を繰り返している者はそれに気がつかない。あるいは気がついていても無視する。それは周囲の車や歩行者が譲ってくれたり、停止させた方が運転が楽だからだ。だが世の中はギブアンドテイクであり、そういう傲慢な運転がいつも通用するわけではないし、必ず報いを受ける。危険運転を繰り返していると、山ほど通報される。そういう情報は、山のように関係機関に流れ込む。それこそ大洪水のようにだ。たちまちマークは厳しくなり、非常に行動が制限されてくる。つまり、自分で自分に規制をかけているようなものだ。それだけでなく悪いことをしていなくても、犯人にされやすい。また信用を失い、地位も失う。職場も失い、家族から見放され、孤独になることも珍しくない。人間はそのようにして学ぶという生き方もあるが、何もわかりきった過ちを繰り返す必要はない。他の分野で、どんなに懸命に努力しても、無謀運転ですべてを失う。そうなったら誰も助けられない。自分ひとりの自損事故なら自業自得で済むが、他人を巻き込んで犠牲者を出すと、その後の人生が大きく変わる。被害者当人だけでなく、その家族や親戚、友人、知人までも敵に回すことになる。危険運転をやっているときには気分爽快で、面白いかもしれないが、他人は見ていないようでしっかりとすべてを見ている。いつも他人に恐怖心を与えながら運転をしていると、必ずしっぺ返しを食らう。歩行者も車を運転をする時期が来る。いつも他の車を停止させ、脅してきたならば、譲ってほしいときでもそれを要求できない。いつも違法な運転をしているので、潜在意識に罪が固定化し、それは爆発する。飲酒運転だけが問題視されているが、無謀運転も非常に悪質だ。車やバイクは便利な乗り物だが、同時に身を破滅させることもあることを覚悟せねばならない。また警察官も常にパトカーで巡回しているわけではない、私服のときや自家用車や個人的な用事もある。警察官は、常に無謀運転を目撃しているし、その情報は蓄積されている。誰にも知られないと思うのは間違いだ。

鈴鹿市
Fri, 19 Jan 2007 05:02:12

最近、鈴鹿市内において、故意に車線をまたいで走行する車が目立つようになった。これは後方から追い越した後も、正常な車線変更をせず、2車線の中央部分を走行するものである。また幅寄せや無理な追い越し、あおり運転などの危険行為を多い。信号無視や、一旦停止違反、飲酒運転、スピード違反も多い。三重県は全国でも交通事故発生件数が非常に高い地域だ。暴力団関係者による当たり屋行為や、外国人や未成年らによる無免許運転も多い。ホンダ社員の無謀運転も多い。こういうことを放置していると、法を守って正しい運転をしているものが被害に巻き込まれる。危険行為を繰り返していると必ず事故を起こす。ただぶつけなければいいだろうという運転はしないでほしい。

白子店
Mon, 8 Jan 2007 17:03:37

イオン株式会社系列ジャスコ白子店(サンズ)〒510-0241三重県鈴鹿市白子駅前9−20 TEL 059-387-1111 の問題について述べたい。ここの北東部分に立体駐車場と屋外駐車場がある。この立体駐車場の出入り口付近に面する歩道部分が非常に危険な状態にある。一旦停止をしないで立体駐車場から飛び出してくる車が非常に多い。また車道から歩道を横切る車もいてとても危険だ。今までこの付近で交通事故は発生していないというが、いつ事故がおきてもおかしくない状態だ。ここの立体駐車場に面する広い歩道は、公道ではなく、イオングループ、ジャスコ下請けサンズの私道だそうだ。しかし見た目には私道とはわからないし、広い横断歩道のペイントもしてある。指導でありながら、道路標識もある。運転手のすべてがマナーが悪いわけではないが、非常に危険な無謀運転をする者が多い。特にぶつけなければ良いと考えているドライバーが多く、いつも歩行者を威嚇しながら、脅しながら出入りする者がいる。事故が発生すれば警察が介入するが、それ以外は何も対応しない。恐らく事故がおきてもイオングループ、ジャスコ下請けサンズは一切関知しないだろう。しかし、私のこれまでの恐怖の体験から、ここで事故が発生する可能性が非常に高いことを指摘しておく。また衝突しなければ道路交通法違反にならず、平気であると考えている運転手に対しては、それは人間の道ではないと指摘しておく。確かに衝突さえしなければ明白な違反行為ではなく、処罰もされないだろう。しかし、もし自分が歩行者の立場であれば、そんなことは言っていられないはずだ。巨大なショッピングセンターでのトラブルは非常に多い。そしてそれはすべて買い物客の自己責任とされる。だが、構造的に欠陥のある場合や、事故が起きることがわかりきっている場合には店側にも問題がある。店側の組織の管理者は何が起きても知らぬふりをするだろうが、それはあまりにもひどすぎる。またこういうところで勤務している人は何も危険性を感じていないはずがなく、自由に発言する機会も与えられていないということは問題だ。そういう腐った組織は必ず崩壊する。私道ということで、行政側の関与はできないが、毎日多くの人が利用する道路でもあるし、何か対策をとるべきだ。何もしないことは許されない。こういう問題を誰も何も考えておらず、感じていてもいえない状態はやはり異常としか言いようがない。巨大なショッピングセンターは治外法権の独立国家ではなく、一般の法に従わねばならない。またこういうところで毎日働いているのに、何も危険性を察知しない者は無能であり、察知していても意見を述べる勇気がない者は腰抜けだ。巨大な店でも、地域住民の安全を考える義務がある。巨大なショッピングセンターや店が犯罪の温床にならないようにするべきだ。

(フォームからの投稿)
Mon, 01 Jan 2007 14:25:40

2007年1月1日暴走原付バイクに遭遇した。ナンバーは鈴鹿市み23-46 原付バイクなのに、時速50キロ以上出しており、60キロ近くの速度で走行していた。ただスピード違反をしていただけでなく、普通自動車を強引に追い越したり、あおり運転をしたり非常に危険だったので110番通報した。場所は鈴鹿市役所から北に向かい木田橋を越えて1号線に向かうと石薬師町に出る。そこの第2石薬師保育所付近の細い道路を通り抜けると1号線と交差し、さらに北に行くと四日市市との境界線に向かうが、その周辺だ。バイクはピザーラの宅配ピザ専用バイクで、原付ながら後方は2輪となっていて三輪車となっている。昔はこれの大型版が普及していたが、右折や左折するときに転倒横転が多かった。恐らくは未成年のアルバイトだろう。正月なのにまじめに働いていて大変だとは思う。しかし、だからといって、そういう行為が許されるというわけでもない。

歩行者
Wed, 20 Dec 2006 12:27:01

2006年12月20日午前11時頃、鈴鹿市役所付近の近鉄鈴鹿線と交差する広い線路付近で威嚇する男二人組みに遭遇した。この連中は、鈴鹿市役所から出てきた中年だ。作業服のようなものを着ていたが、明らかにただの建設労働者ではなく、管理職であろう。鈴鹿市役所の職員かもしれない。信号待ちで車を停車させていると、睨み付けながら、威嚇して道路をゆっくりと横断してきた。そして私の車の直前をずっとこちらを睨み付けながら通り過ぎた。私はまったく面識がない。こういう連中というのはすぐに犯罪者であることがわかる。何も調べなくても、普通のまともな生活をしていないことがわかる。普通の人間はそういう行動はしないからだ。まず何も怖いものはないという傲慢な態度は、明らかに公務員か何かの組織の地位が高いことを示す。そして法を無視して平然としていられるのは、悪人であることを示している。さらに常に他人を威嚇し、威張っているのは、暴力団関係者かそれが背後にいることを示す。鈴鹿市は決して治安が良いところではない。完全な無法地帯ではないが警察の対応も悪い。違法状態が放置されており、少年犯罪も多い。一番気になるのは、こういうことを問題視することがタブーになっているということだ。こういう隠蔽体質はよくない。守秘義務があるところには必ず犯罪がある。

交通
Tue, 19 Dec 2006 21:20:21

近鉄平田町駅前の54号線道路から図書館前を通過し、鈴鹿市役所付近から北西に向かうと近鉄鈴鹿線線路を横切る踏み切りに出る。27号線から8号線に向かう前に、鈴鹿川を横切る木田橋を渡ることになる。これと分岐する形で有名な大きな工場がある。ここで問題にしたいことは、まったく交通規則が守られていないということだ。まず、方向指示をしない車が非常に多い。そして踏み切り前で一旦停止をしない車が非常に多い。さらに信号無視の車が非常に多い。まったく取締りをしていないし、完全な野放し状態であり、無法地帯だ。本当に非常に危険だ。特に工場への分岐点では、方向指示をしない車が半分近くある。それに踏み切りで一旦停止しない車の方が多い。警察が取締りをしているのを見たことがない。またブラジル国旗の店の私有地の駐車場を通過して、南に向かう右折待ちの車を回避している。歩行者優先も守られていない。やたらにあおる車がいるし、信号無視の車が多いので、信号が信用できない。青でも用心しなければならないし、信号が変わっても発進できない。方向指示をしないで右折や左折をする車が多いのでいつ衝突事故や追突事故がおきてもおかしくない。いったいこれはどういうことなのだろうか?ここはメキシコなのか?

空ぶかし
Fri, 27 Oct 2006 21:02:49

2006年10月27日午後7時頃、鈴鹿市内の簡易郵便局周辺において一時間以上も空ぶかしをしていたバイクがいたので110番通報した。鈴鹿警察署はまともに対応しなかった。このバイクは、何度も同じ道をぐるぐる回り、意味もなく空ぶかしをした。このバイクは、連続して5分以上空ぶかしをした後、休憩し、またさらに空ぶかしをするということを繰り返した。1時間以上の述べたが、実際には1時間半以上だ。なぜ同じ道をぐるぐる回るのかわからない。たとえ道に迷ったとしても空ぶかしをする必要はない。それに道がわからなくなったら誰かに聞けば済むことだ。とにかくこういう連中が非常に多い。通報されるのをあらかじめ予測しているので、すぐに逃げられるように、ある一定の時間が経過すると逃亡するケースが多い。それに住民は誰も通報しない。こういう連中の正体は不明だが、ほとんどが中学生や高校生だ。この連中は、ゲーム感覚で無謀運転を繰り返しており、非常に危険だ。運転技術はある程度あるようだが、いくら運転技能があっても、危険行為をしていれば必ず事故がおきる。単独事故であれば自業自得だが、他人を巻き込めばそれは故意の事故だ。寒くなると暴走族の出現頻度も減少する。事故だけでなく、こういう空ぶかしによる騒音公害もひどいものだ。そしてこういう被害についてはほとんど考慮されていないのが現状だ。私はこういう連中が事故を起こして死傷しても、不思議ではないと思うし、それに対してかわいそうだとか、悲しいとは思わない。むしろ天罰が下ったと思う。これは私だけではなく、日本全国のほとんどの人が同じ意見だと思う。本人の生命も尊重するべきだが、何よりも周辺住民のことを考えてほしい。そしてこれを放置している国や行政の政策については大変に疑問が残る。

暴走トラック
Mon, 11 Sep 2006 19:38:09

2006年9月11日午前7時50分頃、四日市市と鈴鹿市の境界線の103号線、四日市農芸高校入り口前付近で、暴走トラックによる脅し運転の被害にあった。このトラックのナンバーは、三重100あ62-22 シルバーで車体には「三重農水(株)」と明記されていた。箱型で4トンぐらい。このトラックは鈴鹿市街地から後方にまったく車間距離を保たずに威嚇し続け、鈴鹿橋を越えたあたりからクラクションを鳴らし始めた。そして、四日市農芸高校前付近の103号線で追い越し禁止の黄色車線にて、強引に追い越しその後、悠然と国道23号方面に向かった。たいしたことはないと思うかもしれないが、どこの誰が運転しているのかわからない正体不明のトラックからこのような脅迫行為を受けると誰でも非常に危険を感じるはずだ。それにトラックのクラクションというのは本当に大きな音がする。この日はなぜかやたらにあちこちで交通安全運動の街頭活動が行われており、そのために渋滞していた。私は三重農水という会社がどんな会社なのか知らないが、恐らくはこういうヤクザがはびこっている暴力団のような会社なのだろう。これは明白な危険運転であり、きちんとした対応をするべきだ。もちろん110番通報したがまったくその後の連絡もなく、どういう対応をしたのかさえも知ることができない。このように四日市は完全な無法地帯であり、ひどいところだ。このようなところに住むべきではない。このように慢性的に治安が悪い地域では、普通の住民もそれに対応した生活を強いられるためにとてもリスクが高い。警察も役に立たない。これが自民党の政治なのだ。

放置自動車
Fri, 28 Jul 2006 19:14:29

四日市市にある南部丘陵公園の駐車場には、かなり以前から廃車が放置されている。警察には通報したが何もしない。確かに公園の管理者が判断することかもしれないが、非常に不気味だし、危険でもある。少なくとも2ヶ月以上も前から同じ車が放置されている。事故車も多い。よく事故車が持ち込まれてくるが、いつの間にか消えていることもある。それで毎日変動するが、少なくとも3台は常に同じ場所に放置されている。タイヤがまったくない車もあり、ドアの部分が損傷している車もある。自力では動けないような車もある。ナンバープレートがない車もある。こういう放置自動車は河川敷とか、あまり通行量のない道路で並んでいることが多い。それなら駐車場ならいいのかというとそれも困る。そんな動けないような車や捨ててある車が常にスペースを占拠していれば、当然利用する場所がなくなる。また見た目にも非常に悪い。こういうのが一台放置されていると、次々に新しい車が捨てられることになる。公園なので個人の所有地ではなく公共物だが、やはりきちんと対応するべきだろう。こういう放置自動車が増えてくると、何かアメリカのダウンタウンのような感じがする。いかにも無法遅滞という感じがする。四日市は非常に環境が悪い。

危険な割り込み
Wed, 26 Jul 2006 17:12:27

2006年7月26日午後3時50分頃、危険な割り込みをした黒い乗用車に遭遇した。近鉄内部線泊駅近く日永5南交差点において、629号線を西側から南側へ向かいこの交差点で、南に右折し、国道1号線を通過して、103号線を南に向かおうとした。信号が青になったものの対向車がいたので右折はできなかった。私の車の前方にも車が並んでおり、停止していた。対向車が停止したので前方の車が動き出し、私も車を始動させ、右折しようとした。すると、ナンバー、三重330ひ3567の黒い乗用車が後方の左側から突然強引に割り込み、そのまますり抜けた。その前方にも車がいたので、それらの車も数台ごぼう抜きをして、追い抜いていった。あたかもそういう運転をすることが当然という感じだった。私はすぐに110番通報した。麻薬中毒なのかアルコール中毒なのかわからないが、とにかく普通ではなく、ヤクザかもしれない。四日市ではこういう車が非常に多い。信号待ちをしていると、強引に割り込んでくる。また幅寄せや必要のない追い越しが多い。やたらに狂ったように車線変更をし、文字通り縫うように走行する車がいる。また信号無視も多く、事実上信号はあまり信用できない。当然事故も多い。交通事故では死亡事故だけが取り上げられているが、死亡にまでいたらなくても、物損事故や負傷事故が多い。それよりももっとおいのがこういう事故にまで至らなかったが、その寸前という事例だ。こういう治安が悪い地域ではそれが普通だと勘違いをして、無謀運転を真似する者も多い。しかし、そういう行為は少しもかっこが良くないし、また事故になれば仕事失ったり、家庭崩壊になったり、多額の借金を背負うことになるし、社会的信用も失う。そもそも必要のない無理な追い越しや、何の意味もない車線変更、信号無視やスピード違反は、早く目的地に到着しない。早く到着しても、それは安全運転をして到着するのとほとんど差がない。つまり未熟なドライバーの自己満足とふっぷん晴らしのために他の大勢のドライバーや歩行者が迷惑をしていることになる。たとえ検挙されなくても、無謀運転を繰り返すならば、何度も何度もあちこちから通報されるだろう。こういう運転しかできない人は、車を運転する資格はない。

マナー
Thu, 15 Jun 2006 21:39:27

2006年6月15日木曜日、昼頃、四日市市日永の交差点で信号待ちをしていたところ、後方から急に接近してきた白色のワンボックスカーが割り込んできた。このようになぜか四日市では信号待ちをしていると強引に割り込んでくる車が多い。さらに方向指示をせずに右折左折をする車やバイクが多い。郵便局の集配バイクも方向指示をせずに右折左折をしたり、歩道を走行する。とにかく交通マナーがどうのこうのという段階ではなく、完全な無法状態だ。それから幅寄せをする車が多い。嫌がらせ運転を日常的にしているらしい。もちろんすべてのドライバーがそういうことをしているのではないが、非常に四日市市は治安が悪いこことは事実だ。また聞くところによると、四日市市近海や川など工場の有害有毒化学物質が垂れ流されるところから採取された貝や魚などを平気で販売しているという。それも別の場所で販売しているらしい。地元住民は決してそんなものは食べない。まだ公害被害は消えてはないし、非常に危険だ。四日市市ではつい最近も交通死亡事故が起きた。パートで働いていた主婦が運転するバイクが車と衝突し、その主婦は死亡した。さらに道路を横断中の老人もひき殺された。いずれも犯人は不明。名古屋の治安も悪く、毎日のように引ったくり事件がおきている。これは原付バイクのスクーターなどで後方から接近し、バックなどを奪うという手口だ。ただ盗むだけなら金銭的な被害だけで済むが、奪うときに転倒させたり、ぶつけることが多く、そのために歯を折ったり、打撲や切り傷を負うケースが多い。これもまたどうにもならない状態で、完全にお手上げ状態だ。少年が複数で実行していることが多いが、暴力団組織も絡んでいるかもしれない。またコンビニ強盗も頻繁に発生しており、これもなくなりそうもない。殺人事件も珍しいことではない。こういう治安の悪い地域で生活している人々はかなり慣れっこになっているらしい。あまり動じない。それどころか、それが普通だという間違った感覚になっている。これが恐ろしいところで、このように治安が慢性的に悪いと、それが普通だと思ってしまう。だから、正月やお盆などに都会で生活してきた田舎者が帰省すると、信じられないような恐ろしい運転をするので田舎の住民は驚く。都会にはチャンスがあるが、それだけ危険も大きい。犯罪に巻き込まれずに生きていくことは、並大抵のことではない。

暴走族
Sat, 10 Jun 2006 19:24:43

夏が近いということもあってか、最近暴走族が急増し始めた。四日市市、鈴鹿市、津市、久居市周辺などを暴れまわっている。暴走族というとバイクの暴走行為が目立つが、四輪車による暴走も多い。中にはナンバープレートを取り外して暴走しているバイクもある。ナンバープレートを取り外したり、折り曲げたり、故意に見えにくくすれば、当然ながらどうにもできない。またいくらナンバープレートがあっても、信号を次々に無視して暴走したり、ナンバーが読み取れないほどの高速で、走り抜ければ同様にどうにもならない。こういう治安が悪い地域の警察の対応にも疑問が多い。暴走行為などは日常的なことで、違反工行為が蔓延化しているので、当たり前になってしまっている。また、次から次へと新しい無謀ドライバーが出現しているのも事実だ。こういう治安が悪い状態であると、安全運転をしていると逆に危険である。地元住民もこういう状態が昔から続いているので慣れているようだ。単独の暴走行為が普通だが、中には暴力団組織が故意に暴走行為をさせていることがある。これは警察の対応を調べるためと、別の犯罪行為を実行するための陽動作戦だ。また暴力団組織にどれくらい忠誠心があるかを調べる目的もある。治安が悪い地域では、放置するとますます治安が悪化し、どうにも手がつけられない状態になる。原付バイクによる二人乗りや無謀運転も多い。バイクだけでなく、平田町駅周辺では、よく自転車の二人乗りを見かける。あるときなどは、車道を二人乗りの自転車で堂々と運転していた。それは男女の高校生で、付近の生徒らしいが、曲がるときに曲がりきれずにふらついた。その後方に車が走行しており、衝突するところだった。こういうときに事故が起きても、自転車を運転している高校生は自業自得だ。だが、結局は、後方の車の運転手が、前方不注意とかで処罰を受ける。どうにも納得がいかないことだ。それに深夜の暴走行為は、安眠妨害になる。警察の対応もおかしい。

(no subject)
Thu, 08 Dec 2005 02:39:41

茨城の水戸ナンバーは マナーが悪いのが多い。 ウインカーを出さない・多くの車がナンバー灯を消してる・右折車線からの追い越し・左折車線からの右折・…毎日当たり前の様にある!

駐車マナー
Sun, 08 Dec 2002 20:37:18

2002年12月8日18:30頃、宮崎県南那珂郡南郷町榎原の榎原駅において、道路の真ん中に駐車している不審な車がいた。
その車は、私の家の車庫の出入り口に車を駐車しており、私は、車を車庫に入れることができなかった。
銀色の車で、外観は軽自動車のようだが、500ナンバーだから違うらしい。
ナンバーは、宮崎500ち36-96
どうやら学生を迎えに駅に来ていたらしい。
ところがどういうわけか道路の真ん中に車を駐車していた。
そこは確かに公道と、駅の駐車場が交差しているところだが、それ以外には車がないのだから、少し、別の場所に移動してくれれば、通行できた。
ところが頑固にもその運転手は、まったく車を移動させようとせず、道路の真ん中に車を駐車し続けた。
そのため電車が来て、学生がその車に乗り込むまで、待っていなければならなかった。
どうしてそんな嫌がらせをするのかわからない。
この車はいつも不必要にクラクションを鳴らしている、最近出現度が多い車なのか不明だ。
とにかくこういうことはやめてほしい。
他にたくさんの車がいて、どこにも駐車できないとか、そういう場合なら仕方がないが、どうして他に車がないのに、道路の真中に車を駐車するのか?
2002年12月8日7:10頃、国道220号線、宮崎県南那珂郡南郷町榎原下講にて交通事故現場に遭遇した。
当事、その地域は、小雨が降っていた。
現場は、谷之口駅に近い場所であり、ホテルえにし周辺だ。
白い色の軽トラックと、白い色の普通乗用車が衝突していた。
まだ救急車も到着しておらず、JAFとみられる作業員が来ていた。
普通乗用車の左側面と、前部が大破しており、軽トラックは、前方から衝突したらしく、アコーディオンのようになっていた。
まだ車の中に運転手がいた。
周辺には、ガラス窓や、金属片が散乱していた。
片側通行しかできなくなっていた。
何ともひどい状況だった。
血痕などはなく、その後も地元マスコミが報道していないことから、死亡事故ではなかったようだ。
こういう交通事故は、日常的に多発しているので、別に珍しくはないのだろう。
いかに報道されていない事故が多いかわかる。


前のページに戻る | トップページに戻る